ギターハンガー作成:お店の様にギターを飾ってみたい!

今回紹介するDIYは、ギターを壁に掛けるためのハンガーです。
実は管理人ギターも趣味のひとつです。 高校生の頃からギターだけは飽きること無く続けているんですよね~。

ガッツリやってた若い頃は10数本持ってたギターも、結婚して引っ越しを繰り返したりで所持数もだいぶ減りました。
現在の所持数は6本くらいで(壊れたのも含めるともう少しありますが・・・)、自分的には全然少ない感覚なんですが、家族に言わせると「だいぶジャマな存在!」らしいです。。。
ただでさえ狭い我が家の一角に、洋服を掛けるためのパイプハンガーにギターが掛けられ置いてあります。

「確かにコレがなければ、部屋もだいぶ広くなりそうだなぁ・・・」
そんな思いつきから、ギターの収納を考えることにしました。
そして、「どうせなら楽器屋さんとかスタジオのような感じでギターを飾りたいよな~」って思いが出てきました。

そこで、管理人のギターをいい感じに飾れる「ギターハンガー」をDIYしてみました。

設置場所を決める

guitarhangar作成1
・・・決めるも何も、ここしかないのですよ。。。 管理人夫婦の寝室として使ってる和室。
だってここ以外の部屋って言ったらリビング・ダイニングと子供部屋だけです。

まぁちょっと大袈裟に、それっぽく記事に小見出し付けたかっただけです(~_~;)

細かいこと考えず作成開始

今回のギターハンガーは、前回紹介した本棚同様、SPF材(1x4・2x4)で作っていきます。
しかもシンプルな組み立てにするので、完成予定図(図面)も用意しませんでした。
全ては管理人の脳内に描かれてる「お絵かき」の様なざっくりした想像図に基づいて進めます。
guitarhangar作成2
支えになる柱部は2x4を使いますが、長さ180cmの材なので天井まで届きません。
ちょうど部屋の壁に備え付けのフックスライダーの高さなので、スライダーに干渉しないように加工した2x4材を継ぎ足します。

guitarhangar作成4
↑こんな感じ。
写真は無いんですが、一応ダボで繋いでます。 さらに補強で写真のような金具で固定しました。

guitarhangar作成3
先にも伝えたとおりこの部屋は和室です。 畳にカーペットを敷いてるんですが、そのまま設置してしまうとカーペットを替える時に一度解体しなくてはならなくなります。 それはだいぶ手間がかかるので、木材の形に合わせてカーペットの一部をカットしました。
また、畳に直接木材を立てると傷めるかなって思ったので、念のため保護シート(フェルト材)を貼りました。 ちなみにコレ、100円ショップで購入したもの。 フェルトに厚みがあり硬さもしっかりしていて、粘着テープ式なので使いやすいです。

Iguitarhangar作成5
もう一本同じように作り、あとはギターを掛けるための板材をこの柱に貼っていきます。

guitarhangar作成6
1x4のSPF材を横にビス打ち。
板材同士の間隔は・・・ほぼ目算。。。
ギター同士がぶつからないように、実際にギターを合わせながらとめていきましたが。。。
まぁでも、細かいことは気にせずガシガシ留めていきましたwww

guitarhangar作成7
んでこんな感じ↑
この段階で見るとスカスカ感がありますが、通気性と使いやすさを考えるとこのくらいが丁度良いです。

そしてここにギターを下げていく訳ですが、さてどうやってぶら下げようかと色々悩みました。

ギター下げる方法を模索する

ギターもそこそこ重いのでしっかり押さえたいですが、かと言ってあまりにもがっしりした部品を使おうとするとそれなりの金額になります。 1本2本なら良いんですけどねぇ。
一応こんな便利なものも販売されてますが・・・

専用のものなので安心して使えますね。
でも一つ800円くらいなんですが、今回は最低でも6個は欲しいので、そうすると合計4,800円位になりますね。
大事な楽器を守るものなので金額は構わないんですが・・・かと言ってそこまで高価な楽器を持ってるわけでもありません。。。
なるべく安く上げたい今回のDIY。 他に何か良い物ないか調べたところ、同じようなギターハンガーを手作りした方のブログを見つけまして・・・その方がいいものを紹介していました。

guitarhangar作成8
「ツインフック」という商品らしいですが、この2本のフック間をちょっとだけ”クイっ”て広げてやると、ギターのネック幅にちょうどよく合うとの事。

コレも100円ショップで販売してるので、試しに1個購入して試してみると、ホント良い感じに収まりますwww
6個揃えても600円とフトコロにも優しいですね。
ただこのままだと金属製のフックがギターのネックを痛めてしまう恐れがあるため、麻ヒモを巻いて保護しようと思います。 この麻ヒモも100円ショップで購入。

思ってたよりも安くて良い物が見つかりましたwww
ってかこういうのも設計の段階で決めとけって話ですよね~。。。
この辺が行き当たりばったりなDIYです。

ギターを下げるフックを作成

guitarhangar作成9
では早速フックの作成に入りましょう。

って言ってもなんら難しい作業ではないですけどね。
ただフックにヒモを巻いてくだけの単純作業。
単純すぎて眠くなりますよ。。。

いや別に麻ヒモじゃなくていいんですよね。 参考にさせて頂いた方はホームセンターから細いゴムホースを購入して、それをフックに被せていましたし。。。
単に麻ヒモにしたら見た目が良いかな~って思っただけです。
正直めんどうだったけど黙々と作りました。

guitarhangar作成11
んで出来上がったフックにギターを掛けてみました。
フックの後ろがちょうど1x4に引っかかるので、ギターを掛けても安定してます。
思いのほかしっかりした作りになりました。

完成!そして使用開始

guitar hangar1
完成したハンガーにギターを下げてみました。
開いたスペースにはコード類やストラップ、そしてなぜかぬいぐるみも下げてます(苦笑)
お店のディスプレイ風を目指したんですが、どちらかと言うとたまに行く音楽スタジオっぽい感じになりました。 でもこれはこれで気に入ってます。

guitar hangar 部屋全体
お恥ずかしいですが部屋全体から見たギター達です。
このハンガーに合わせてベッドの位置も替えました。 ベッドに横になってギター達を眺めながら眠るのがささやかな楽しみになってますwww
(嫁は圧迫感があるって言いますが・・・(^_^;))

転倒防止には太めの突っ張り棒を2本使用しました。
これだけの本数なので固定もしっかりしなきゃなので、ここはケチらず頑丈なものを選びました。
安全対策のために付けたんですが、、、今では良い物干し場になってます。。。
よく洗濯物が干してありますよ。(T_T)

その場その場の思いつきで進めていったギターハンガー作りでしたが、良い感じのものが出来たなと自己満足してます。
ただ、もうちょっと楽器同士の間を空けたいのと、まだ飾ってない楽器があるので、折を見てもう少し拡大しようかと思います。
突っ張り棒だけの転倒防止も先々不安なのでもっと違う対策も講じないとですしね。

少しづつ改良していこうと思います。

Sponsored Link

Sponsored Link

ブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です