壁一面の本棚作成③:棚補強~塗装・・・そして完成

本棚作成、前回からの続きです。

仮組み
本組みが済んだ本棚ですが、このままの状態だと棚板の強度や転倒に対しての不安があります。
なので塗装前にしっかり補強することにしました。

棚強化

棚の中央に棚板を支える支柱を格段に挿入。

これで多数の本を収納した時、その重さで生じる棚板の歪みを抑えることが出来ると思います。

ちなみに、支柱がまっすぐではなく少しズレているのは、「ちょっとデザイン性が出て面白いかな?」って思ったのと、一つ一つビスで固定してるので、支柱の上下からビスを打ちやすい様にズラしたっていう理由があります。

まぁ、理想はまっすぐに揃えたかったんですが、その知識と技術を持ちあわせていなかったというのがそもそもの理由ですね(^^ゞ

落下防止もう一つ、補強というより安全対策ですが、棚の上2段分には棚板の前に落下防止を取り付けました。

本当は前段に付けたかったんですが、材料不足(苦笑)と目線より下は無くてもなんとかなるだろうという安易な考えから付けませんでした。

必要なときはあとから付けても良いですしね。

さて、ひと通り組み立てが済んだので、あとは塗装をして完成です。

今回の本棚は木製なので、木の劣化をなるべく抑えたいという目的から塗装を施します。

管理人の当初のイメージ(完成予定)では、木目を生かしたアンティーク調な塗装です。

塗装の作業は、今回の本棚作成の作業の中で一番の盛り上がりを見せました。

何と言っても子供たちが超ハリキッテますwww

そこでカラーリングは子供たちに任せました。

ペイント開始子供たち

息子二人はつなぎを着込んでやる気満々!

【ちなみに二人のつなぎは、昨年のクリスマスプレゼントで贈ったものです。

何故か欲しいと言っていたので・・・(^_^;)】

ペイント中子供たち

長女も混ざって子供たち全員でペインティング!

そして・・・

子供たちの感性でどんどんカラフルになっていく。。。(-_-;)

当初の自分のイメージが・・・。

20150121083305251

着々と進んでいきます。。。

そして・・・

ペイント完了

塗装完了。

アンティーク調とはほど遠い、見事なカラフルカラーに仕上がりました。

20150123215003815

でもまぁ、コレはこれで良い感じかと。。。

ちょっと失敗

チョット失敗した部分もありますが、これも手作りならではの味です。

転倒防止

今回の本棚は、床から天井の高さピッタリに柱が設置されているので倒れにくい作りではありますが、それでも不安なので転倒防止目的で対面の壁までの支えを取り付けました。

余ったSPFを使い、プレート金具と棚受け金具で固定。

これである程度の地震なら転倒しないと思います。

今回の本棚DIYは、本の収納スペースを作る事が目的ではありましたが、同時にこの機会を利用して子供たちと一緒に作る事も目的にしました。

そのため、子供たちが学校から帰ってきてから作業を始めていたので、単純な構造の割に完成まで5日間程かかりました。

時間がかかった方だと思いますが、その分子供たちと一緒にモノを作る楽しさを実感することが出来ました。

楽しみながらのDIYは何時まで経っても良い思いでになると思います。

本棚使用開始の様子。

まだ収納スペースに余裕があります。

使用開始

壁一面の本棚、完成です。

Sponsored Link

Sponsored Link

ブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です